採用情報

営業 秋山

営業 秋山

現在の仕事内容は?

営業担当をしています。主な業務内容は、摩耗や腐食の多い大型のプラントやタンク、構造物を保有しているお客様への営業や商談、施工現場の確認、施工面積を計算した後の御見積り、工期の調整等になります。

ウイルを志望した理由は?

学生時代に、飲食店やスーパーで経験した接客のアルバイトから、人と話すのが好きだと気付き、営業職を希望し、就職活動を行いました。今の会社には、合同説明会で出会いました。それまで訪問した企業は、自社のPRをされていたのですが、ウイルの採用担当の方からは、“一度きりの人生なのだから、たくさんの企業を回って、自分の望む企業に就職できる様に頑張りなさい”という趣旨のお話を伺いました。それが今の会社に興味を持ったきっかけです。それから、会社見学に行き、社長が女性と知り、更に興味を持ちました。社長も、自身が女性である為、“女性にはこの仕事は…”という言い方はされず、“私も元々畑の違う業界から、この業界に入ったので、女性だからといって出来ない訳ではない”というお話をして下さり、私もこの会社で働きたい!と思い、志望しました。

入社前と入社後で会社のイメージは変化しましたか?

入社後、良い意味で営業と作業技術者が“とても近い”会社だと感じました。入社前は、営業と言えばほとんど外出し、取ってきた仕事は作業技術者に全て任せ、お客様との商談や見積りの作成等、机上の作業が多い職種だと思っていました。しかし、ウイルでは現場の人手が足らない時には、営業の人間や、時には社長までもが作業を手伝い、仕事を進めることがあります。作業を手伝っているからこそ、見えてくる問題点や改善点も多くあります。また、自分が実際に体験した内容を元に、自信を持ってお客様にご提案することが出来ていると感じています。

仕事の魅力・やりがいを教えて下さい。

営業活動を通して様々な世代の方と出会い、会話を楽しめることが魅力だと思います。お客様とは、仕事の話だけでなく、時には雑談をすることもあります。お客様は私よりも年上の方が多く、そのようなお客様から聞けるお話は自分の知らないこともあり、どのお話も新鮮でとても勉強になります。やりがいを感じるのは、お客様と施工者の間に立ち、一つの工事が無事に完了した時です。お客様から注文を頂けた際も、もちろん嬉しいのですが、それ以上に工事前の見積書の作成や書類の準備、施工場所の確認を経て、工事が始まり、途中予測していなかった問題が生じても、お客様や作業技術者と相談しつつ解決し、無事に工事が完了した際に、とても充実感があります。

入社後、どのような点で成長したと思いますか?

学生時代には知り合うことの出来なかった年代の方とお話させて頂くことで、コミュニケーション能力が身に付き、積極的になったと思います。入社当初は、お客様から振られた話題のみで会話をしていました。しかし、自分からアポイントを取って訪問しているのだから、自分から話を切り出していかなければならないと思い、どうすればよいのか考えました。そこで、お客様と会話をしていく中で、共有できる話題がないかを探し、何か見つけた際には忘れないようにメモを取り始めました。そして、次の訪問時にその話題に関連した内容から、会話を膨らませるよう心掛けました。こうすることで、自分から積極的に会話ができるようになり、自然とお客様との距離も近くなったと感じています。

今後の目標を教えて下さい。

営業として、お客様に求められている以上の内容を提案し、自社の作業技術者に快適且つスムーズに工事を行ってもらえるよう、心掛けています。さらに、お客様と作業技術者の間に立ち、架け橋としての役割を担うことが、今後の目標です。また、“女性なのに?”と思われ易い業界だからこそ、常識にとらわれることなく、様々なことにチャレンジし、業務の幅を広げていきたいと思っています。